ミッフィー展2015/04/22


ミッフィー展

オランダの絵本作家・ディック・ブルーナによって生み出されたミッフィーは60周年を迎えたそうです。


1955年に「nijntje」(ナインチェ)という名前で絵本が出版される。nijntje(ナインチェ)はオランダ語で小さいうさぎを意味するらしい。日本だったら「うさちゃん」とかかな。日本の絵本のタイトルは「ちいさなうさこちゃん」という、ミッフィーの本がありますね。
展示はブルーナ氏のミッフィーが出てくる以前の絵本や、初期のミッフィーなど、原画がいっぱいあります。順を追って見て行くと、ミッフィーの変遷がわかります。ハッキリした色で、正方形の本、片方のページに文章、片方のページに絵というような、今のスタイルがだんだんできあがってくるのです。
シンプルで無駄のない美しいスタイルですね。
油彩画やブルーナ氏が奥さんにあてた朝食メモなど。そして、日本のクリエーターたちが手掛けた大きなミッフィー像が会場を埋めています。

グッズがいっぱいあって、見ているとどんどん欲しくなってしまって危険です。際限なく買ってしまいそうです。
お弁当箱やらポーチやら、何にでもなっていて、お菓子も売っていました。
人気商品は売り切れです。会場限定というのもあるので、つい欲しくなると思います。

銀座松屋のビルもミッフィーがお目見え.。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック