娚の一生2015/02/06

娚の一生
「娚の一生」 一ツ橋ホール(試写会)
東京で忙しく仕事をしていたつぐみ(榮倉奈々)は、祖母が入院して誰もいない田舎の一軒家にやってくる。そこへ、つぐみの祖母を慕っていたという50代の大学教授・海江田(豊川悦司)も来て、祖母との約束でいつでも使っていいと言われていたからと、強引に離れに住み始める。
つぐみに好意を抱いたらしい海江田は、一方的に自分と恋愛しないかと言ってきたり、近所の人に婚約者だと言ったりする。初めは怒っていたつぐみだったが、一緒に暮らしているうちに、だんだんと心を開いていく…。
原作は西炯子の人気コミック。読んでいたので、比較して見てしまいます。原作の海江田よりもかっこいい豊川悦司さんでした。榮倉奈々さんは背が高いなぁと思えますが、さらにトヨエツも高いから、良いバランスでした。年齢差があっても、お似合いな感じがしました。原作にあるこういうところは入れないのかなど、つい思ってしまいますが、なかなかうまく映画化してるかも。
つぐみの作る料理が家庭的でおいしそうでした。少女コミックの高校生の恋愛ものが最近多いけど、この映画はOLさん向けと思いました。

★★★☆☆ 3

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック