アバウト・タイム 愛おしい時間について2014/10/09

アバウト・タイム
「アバウト・タイム 愛おしい時間について」 TOHOシネマズ六本木
イギリスコーンウォール。21歳になったティム(ドーナル・グリーソン)は、父親(ビル・ナイ)から一家の男子にはタイムトラベル能力があると知らされる。全く信じないティムだったが、試してみると本当に過去に遡ることがことができた。この能力を使って、好きになったメアリー(レイチェル・マクアダムス)にアタック。ずいぶん簡単にうまくいっちゃうような気もするけど、なんていってもレイチェル・マクアダムスのキュートさが大爆発。本当にかわいいんですよ。男の人なら、こんな恋人や奥さんだったら理想的でしょうね。主人公のドーナル・グリーソンは、ハリー・ポッターシリーズで、ロンのお兄さん役だった人です。初めはイケテない若者って感じなんだけど、だんだん大人の男になっていく感じがします。公開中の映画「FRANK」にも出ているし、「スター・ウォーズ エピソード7」にも出演。
監督は脚本家としても名高いリチャード・カーティス。監督作品は「ラブ・アクチュアリー」「パイレーツ・ロック」。今回が3作目だけど、この作品で監督業からは退くと言っているそうです。もったいない。
この映画は“幸せのあり方”について描いています。タイムトラベルという突飛な能力があっても、人生はままならないのです。いろいろ試してみたけど、うまくいくばかりではないのです。おしゃれで笑えて、ほっこりと良いメッセージを受け取れる映画です。これは人にオススメしたくなります。今日という日が貴重な1日なのだと気付かせてくれます。

★★★★☆ 4+