愛しのゴースト2014/10/04

愛しのゴースト
「愛しのゴースト」 資生堂花椿ホール(試写会)
戦地から仲間と共に帰還したマーク(マリオ・マウラー)は、妻のナーク(タビカ・ホーン)と出征中に出産した息子との対面に喜ぶ。仲間たちは、マークが提供してくれた空き家に数日滞在することにしたが、村ではナークはすでに死んでおり、幽霊だと言う噂を耳にする。マークは聞く耳を持たないが、仲間たちは奇妙な様子に気がつき、退散しようとする。しかし、マークを置いて行くわけにもいかず、なんとかマークを連れ出そうとする…。
ホラー映画の要素もあるけど、かなりコメディタッチです。男たちのヘアスタイルがみんな奇抜でした。みな陽気で単純で漫画ちっくでした。ナーク役の人はとてもきれいでした。でもホラー、コメディ、ロマンスとよくばっているわりには、どれも中途半端なような気がしました。チープな作りでもありました。あきずに見れますけど。
タイでは「アナと雪の女王」を押さえて、メガヒットしたそうです。タイの映画はあまり見たことないので、貴重な体験でした。

★★★☆☆ 3

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック