クラインの壷2014/09/24

クラインの壷
「クラインの壷」 岡嶋 二人・著 講談社文庫
バーチャルリアリティの最先端ゲーム「クライン2」に主人公・上杉の書いた小説が使われることになり、モニターとしてゲームを体験することになった。同じくテストプレイヤーの梨沙と共に、謎に包まれた研究所で、仮想現実の世界を楽しんでいたが、やがて虚構と現実が交錯していく…。
どこまでが現実で、どこまで虚構か、主人公同様に一緒にわからなくなり、不気味な気分になります。遠い将来こんな世界がゲームとして楽しめるのかもしれないですが、同時にその技術は恐ろしさを含んでいます。不気味と書いたけど、面白いのでグイグイと読めました。
知っている方も多いと思いますが、岡嶋二人とは2人の共同ペンネームです。この作品が岡嶋二人としての最後の作品だったんですね。解散後は、片方の井上夢人さんは今も活躍中です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック