永遠の02013/12/18

永遠の0
「永遠の0」の試写会へ行ってきました。
司法浪人の健太郎(三浦春馬)は、祖母の葬儀の時に、本当の祖父の話を聞く。今まで、自分の祖父と信じていた人は、血のつながりがなく、特攻で亡くなった宮部久蔵(岡田准一)という人物が母の実の父だったことを知る。ライターの姉も興味を持ち、祖父を知る人を訪ね歩くと海軍一の臆病者だったと言われる。更に調べていくうちに、宮部が生きて帰ることにこだわった理由や、そんな彼がくだした決断が明らかになっていく…。
原作もとても良かったけど、映画も省くところは省きながらも、忠実に映像化されていました。現代では生き残った人たちに話を聞きに行くシーン。そして戦争中のシーンがあります。年配の役者さんと若い時代の役者さんはそれほど似ていないんですが、違和感なく納得できました。
監督は「ALWAYS三丁目の夕日」の山崎貴と聞いた時点でかなり期待していましたけど、期待通り、期待以上に感動でした。ずいぶん泣けました。岡田准一クンは「図書館戦争」などのイメージとは違って、原作通り、もの静かで真摯な雰囲気を漂わせていました。
そしてゼロ戦の空戦や空母などの海戦のVFXが迫力があって、リアルでした。映像の技術のすごさを感じます。
144分とちょっと長いですが、映画館のスクリーンで見ることをおすすめします。

★★★★☆ 4

コメント

_ cyaz ― 2014/01/12 08:36

spiceさん、おはようございます^^
いつもTB貼り逃げですみませんm(__)m

この映画、昨年末に観たのですが感動しました。
原作は未読なのですが、読んでみたいと思っています。
岡田クンはいい役者になりましたね^^
この映画の良さは4人の熟練バイプレーヤーたちが、
ストーリーテラーの役割を担いながら物語を紐解いていった所だと思います。
個人的に岡田クンには昨年の主演男優賞を差し上げました(笑)
機会があれば、もう一度観て観たい映画です!

_ spice管理人 ― 2014/01/13 01:24

cyazさん
コメントありがとうございます。
「永遠の0」すごく良かったです。ベスト10に入れようか悩んだのですが、次点かな。cyazさんのように邦画とわけてベストを決めたら邦画1位です。2位は「図書館戦争」で岡田クンの1・2フィニッシュかも。
原作を省略している所は沢山あるのですが、原作にないけど、映画にはあるシーンもありました。原作の内容をうまいことまとめていると思いました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2013/12/17/7111470/tb

_ 京の昼寝〜♪ - 2014/01/12 08:31



□作品オフィシャルサイト 「永遠の0」□監督 山崎 貴□脚本 山崎 貴、林 民夫□原作 百田尚樹 □キャスト 岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田 岳、新井浩文、染谷将太、       三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中 泯、山本 學、風吹ジュン、       ...

_ 京の昼寝〜♪ - 2014/01/12 08:32

2013年ベストシネマ15(邦画編)
 
   昨年は年間125本(邦画66本、洋画59本)の映画を劇場で鑑賞しました   邦画では、うち『真夏の方程式』と『風立ちぬ』は2回観ましたので、   邦画は64タイトルですね。 で、2年連続で100本超でした...

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2014/01/17 06:32

 『永遠の0』を吉祥寺オデヲンで見ました。

(1)戦争物の映画は正直あまり見たくはないのですが、評判がとてもいいものですから、映画館に出向いてみました。

 物語(注1)は、司法試験に4回落ちている健太郎(三浦春馬)が、姉の慶子(吹石一恵)と一緒に、自分の血の...

_ はらやんの映画徒然草 - 2014/01/18 09:24

太平洋戦争が終結し、すでにもう65年以上の月日が経っています。 あの戦争を経験し

_ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- - 2014/01/18 17:57

 私の年になると、師走は何故か落ち着きません。仕事の方は峠を越しているのですが、何なんでしょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。


【題名】
永遠の0

【製作