シンメトリー2013/11/30

シンメトリー
「シンメトリー」 誉田 哲也・著 光文社文庫
刑事・姫川玲子シリーズの第3弾。7編の短編集になっています。
表題作「シンメトリー」は多数の死者を出した列車事故。原因は踏切内に侵入した飲酒運転の車。事件をまのあたりにした駅員は、たった5年で刑期を終えた男に復讐を誓う…。
短編のせいか、ちょっと軽めです。「ソウルケイジ」のように哀愁ある深みはないけど、姫川が扱った事件がいろいろ出てきて、そこに姫川の人間性が現れています。刑事になってまもない頃の事件や、組んでいたデカ長との話など、警部補になる前のことがわかります。
ライバル関係の他の刑事たちとの確執は、影をひそめています。
姫川玲子は背が高くて美人、それを自分でもよく知っています。若いのに昇進が早くそれに自信を持っています。自分で犯人検挙することに、執念を燃やしているのです。他の班や部署に出し抜かれたくない気持ちが強いです。こういう風に見て行くと鼻持ちならない女なんですけど、颯爽として頭が良くてかっこ良いのです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック