ホテルローヤル2013/11/27

ホテルローヤル
「ホテルローヤル」 桜木 紫乃・著 集英社
湿原を背に建つ北のラブホテル・ホテルローヤルを中心に、訪れる人や、経営者の娘、パートの女性の話など、すでに廃墟のようになっているホテルから、そこにホテルを建てようと思った男の話まで、時間を逆行するように話が進みます。
7編の男女にまつわる物語。思ったよりもドロドロした話ではなくて、やるせない気持ちなどが興味深かったです。共感はあまりできなかったけど、この作者の他の本も読んでみたいと思いました。直木賞受賞作。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック