ソウルケイジ2013/11/23

ソウルケイジ
「ソウルケイジ」 誉田 哲也・著 光文社文庫
放置された車から成人男性の手首が発見される。鑑定の結果、工務店を営む高岡のものと判明。高岡は殺されたのか?誰に?警視庁捜査一課・姫川玲子警部補と所轄の刑事たちが周辺を洗っていくうちに、過去の事件との関わりが浮かびあがってくる…。
「ストロベリーナイト」に続くシリーズ第二弾です。前作で人間関係がわかっていたので、その刑事たちの、探り合いやライバル意識が面白いです。事件の内容は哀愁漂うものでしたが、浮かび上がってくる新事実に、どんどん惹き込まれます。毅然としている主人公・姫川ですが、時に乙女っぽいところもあったり、姫川に絡んでくる関西弁の井岡との掛け合いは、シビアな事件の中でも、ホッとする部分です。今回は姫川とは違う班の警部補・日下のことが多く書かれていて、姫川と対照的な捜査方法で事件に迫っていきます。
今回の本は“父親”がテーマになっています。事件だけでなく、いろいろな父親、父性が出てきました。スティングの“The Soul Cages”も父の死後に製作したアルバムなんだそうですね。
本の内容にもあっていて、“魂の檻”とか“魂の刑事”という2つの意味にもとれるのかなぁ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック