レインレイン・ボウ2013/11/13


レインレイン・ボウ

「レインレイン・ボウ」 加納 朋子・著 集英社文庫
高校のソフトボール部の仲間の通夜で久しぶりに顔を合わせた7人。亡くなったのは学生時代から心臓が悪いと言っていた知寿子(通称チーズ)で、まだ25歳だった。
通夜で再会した女性たちはそれぞれの道に進み、人生を歩んでいる。専業主婦、看護師、保育士、栄養士、悩みやトラブルを抱えながら、疎遠になっていた仲間がチーズを通して関わりあっていく。
群像劇のような内容で、それぞれの話が面白かったです。難しい職場で奮闘している栄養士さんの話が好きでした。チーズの死後、消息がわからなくなっていた子を探してキャプテンだった陶子は、クラブの仲間に連絡をしていきます。
読み進んでいくうちに、なにやら知っている人が出てきました。荻クンがなんで出てくるのだろうと思ったら、陶子は少し前に読んだ「月曜日の水玉模様」の主人公だったと気がつきました。私が勝手に想像していたイメージが2つの本で違っていたので、最後の方まで気がつかなかったです。そういえば会社のつきあいでソフトボールをやるシーンがあったし、キャプテンだったと言っていたなぁ。
高校を卒業して7年後の“今”を描いている話だけど、加納朋子の今まで読んだ本は、ミステリー仕立てなので、今回は違うのかと思ったら、ちゃんと謎解きがありました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック