トスカーナと近代絵画2013/11/11

トスカーナと近代絵画
「トスカーナと近代絵画 もうひとつのルネサンス」損保ジャパン東郷青児美術館へ最終日に行ってきました。
19~20世紀のイタリア近代絵画です。ロマン主義やイタリアの印象派とも言われているマッキアイオーリ(マッキア派)の絵などを展示。
フィレンツェのピッティ宮近代美術館のコレクションです。
正直、ジョルジュ・デ・キリコ以外は、知らない画家ばっかりでしたけど、キリコの弟(アルベルト・サヴィニオ)も画家だったんだなぁと、知ったりできました。
写真のチラシの絵はありましたけど、カタログの表紙になっている絵がどこにあるのかわからなかったので、聞いてみたところ、その絵は損保ジャパン東郷青児美術館では展示されていないのだそうです。巡回先の美術館では出るらしいです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック