台湾観光-九份2013/11/03

2日目は九份(キュウフン)へ。


「千と千尋の神隠し」のモチーフとなった街と言われています。
トニー・レオンが出演した「悲情城市」(候孝賢監督)のロケ地でもあります。


このお店で昼食を食べました。



階段と坂道の多い狭い通りが続いています。東シナ海を望む街。よく雨が降る地域のようで、この日も雨が降ったり、止んだりでした。

コメント

_ レスリー・チュン ― 2013/11/03 22:46

なんか、こんなに人が歩いていると、想像つかないけど、云われてみれば「非情城市」で、見たような気もしないでもないや。ちょっと、前なんで曖昧。
写真お見せ頂き、ありがとうございます。

_ spice管理人 ― 2013/11/03 23:40

レスリー・チュンさん
「悲情城市」を観たのがあまりに前だったので、私も覚えていないんですよねぇ。「戯夢人生」や「多桑」という映画のロケ地にもなっているようです。夕暮れに行くと提灯がともって、良いみたいです。
人が多くて、傘をさすのが困難な細い道が連なっていますけど。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック