ななつのこ2013/10/25

ななつのこ
「ななつのこ」 加納 朋子・著 東京創元文庫
女子大生の駒子は、「ななつのこ」という本を気に入り、ファンレターを書く。身辺に起こった不思議な出来事を書いたことから、その謎を解決する内容の返事が作者から送られていきた。こうしたやりとりが続き、駒子の近くで起こったミステリーが解決されていく連作短編。
「ななつのこ」という本の中の話と、現実に起きる駒子の生活が両方語られていて、二重のミステリー解決の話でした。その両方に見事に謎を解き明かす人物がいます。殺人事件は起きないけれど、ほんわかした内容でした。1つ1つの謎以外にも大きな謎もありました。でも、私はどこまでが手紙の内容なのか、二重構造になっているところが、時々複雑に思えました。作中の話の「ななつのこ」は少年“はやて君”の持ち込む謎を“あやめさん”がたちまち解決してくれるような話で、表紙絵のように温かな雰囲気をかもしだしています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック