もうひとりの息子2013/10/24

もうひとりの息子
「もうひとりの息子」を観てきました。
テルアビブに暮らすフランス系イスラエル人の家族、18歳の息子ヨセフが兵役検査を受けて、血液型から息子が実の子でないことを知る。18年前の湾岸戦争の混乱の中、病院で赤ん坊が取り違えられていた。相手側のパレスチナの家族にも伝えられ、2つの家族の両親が病院に呼び出された。動揺する両親たち、やがて本人達にも伝えられることになる。民族や宗教の対立がある2つの家族は、苦しみながらも少しずつ交流しようとする…。
「そして父になる」同様に赤ちゃんの取り違えの話でした。しかし、18歳まで育てた息子をおいそれと交換するわけにもいかない。目をそむけようとする父親たち、母親も育てた息子に深い愛情を寄せている。
取り違えられた本人たちも、ショックを隠し切れない。どちらも愛情を受けて育ってきているのがわかるが、将来の夢は実の両親の影響があるように思われる。中近東のよく知らない国だけど、占領下のパレスチナの様子やイスラエルとの2つの家族の違いが覗えます。でも愛情はどこでも同じです。パレスチナ家族の兄が、本当の弟じゃないと知ったとたんに態度が変わって、ちょと怖かったです。すごく仲の良い兄弟だっただけに驚きました。意外と息子同士は、仲良くしていきます。当事者ゆえの苦悩を理解できる人は他にいないのです。
難しい問題ですが、心が揺さぶられます。どちらも大切な息子なんです。希望を見い出せそうな話でした。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック