カイユボット展2013/10/20

カイユボット展へ行ってきました。ブリジストン美術館です。前から好きだったので、発表があってから、ずっと楽しみにしていました。カイユボット展があるなんて、珍しい!と思って。ギュスターヴ・カイユボットの日本初の回顧展らしいです。

カイユボット展

チラシの絵は《ヨーロッパ橋》
でも、カイユボットのことは実はよく知らなかったのです。45歳で亡くなっているんだぁと、この展覧会で初めて知りました。それに印象派というイメージがなかったのですが、印象派の画家の1人として紹介されていました。なるほど、そう言われれば、そうだなぁと思える絵も、今回見た絵でいっぱいありました。


《イエール川のベリソワール》イエール川河畔、特にボートを描いた作品が多くて、レースに出たり、船の設計もしていたそうです。


これはカイユボットの写真です。弟のマルシャル・カイユボットは音楽家だけど、写真をたくさん残していて、一緒に展示されています。この時代の様子と絵を見比べることができます。ブルジョアっぽいよね。この時代は本当にシルクハットかぶっているんだね。シルクハットをかぶってボートを漕いでいる人の絵もあったし。飛ばないのか?


《自画像》こういう人だったんですね。


カイユボットに興味を持つきっかけになった絵です。今回の展示にはありません。《床削りの人々》オルセー美術館にあります。クリックすると大きくなります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック