マッキー2013/10/11

マッキー
「マッキー」の試写会へ行ってきました。インド映画です。
家の向いに住む、慈善活動をしているビンドゥに思いを寄せているジャニはビンドゥにあれこれと自分をアピールしている。ビンドゥはすげなくしているけど、ジャニのことが本当は気になっている。表向きは建設会社社長だがマフィアの顔を持つ悪徳実業家のスディーブも美しいビンドゥを見て一目ぼれ。思い通りにならない女はいないと思っていたのに、ビンドゥはうわの空、その原因がジャニだと知って、ジャニを殺してしまう。殺されたジャニは小さなハエに転生し、殺された恨みを晴らし、ビンドゥを守るため、ハエの姿でスディーブに立ち向かう。
主人公はジャニなんだろうけど、ちょっと勘違い野郎という感じで、ビンドゥのことが大好きで、能天気というかなんといおうか。2年間も冷たくされているのに、2人の将来を疑わない。まるでストーカーのような男。でも、そんな彼の思いが通じていることがわかった時に、殺されてしまう。主人公ながら、この後のシーンはハエの姿なので、なんかかわいそう。ハエはVFXになっていて、アニメと実写の混ざった映画という感じになっていきます。それほどリアルはハエじゃないけど、うまく融合されていて、面白いです。ハエの目線で空を飛んでいる映像など、スピード感あふれます。3Dにしたらいいのに。ハエの感情がちゃんと伝わってきます。奇想天外なストーリーで、映像に出てくるのは悪役のスディーブばかり、ハエに翻弄されて、ちょっとおかしくなっていきます。でも、すごくしぶとくて、ハエのジャニとスディーブの戦いは、殺し合いのように、どんどん大がかりになっていきます。ハエがこんなことできないということまで、できるようになって、ジャニの愛の強さがわかります。インド映画のわりに2時間5分と短いです。歌と踊りもあります。ビンドゥ役の女性は、美しかったです。マッキーはハエのことみたいです。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック