ウォーム・ボディーズ2013/09/11


ウォーム・ボディーズ

「ウォーム・ボディーズ」の試写会へ行ってきました。
ゾンビと人間が敵対する近未来。ゾンビ男子のR(ニコラス・ホルト)は、人間を襲撃しに行って、人間のジュリー(テリーサ・パーマー)に一目惚れする。他のゾンビから助けてあげて、連れて帰ってくる。ジュリーは怖がって嫌っているのだが、Rは優しく、その後も危機から救ってもらったりするうちに、打ち解けてくる…。
ゾンビはほとんど話ができず、うーとかうめいているのだけど、言っていることは理解してくれる。ジュリーと接するうちに少しずつ、単語が言えるようになるが、なんとも奇妙でおかしな会話でした。動きも面白いです。人間、ゾンビ、ガイコツ軍団が出てきて、戦っています。ガイコツはいかにもCGっぽかった。ジュリーの父親で人間たちのリーダーを演じるのはジョン・マルコヴィッチ。前半はちょっと不気味でしたが、B級ホラーラブコメみたいな感じで、楽しかったです。ツッコみどころは満載ですけどね。

★★★☆☆ 3


ゲストはテリーサ・パーマー、武井荘、つるの剛士。
テリーサ・パーマーはきれいでした。映画の中とは印象が違いました。現在、妊娠中なんだそうです。「アイ・アム・ナンバー4」に出演していた女優さんです。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック