トラブゾン狂騒曲2013/09/10

トラブゾン狂騒曲
「トラブゾン狂騒曲-小さな村の大きなゴミ騒動-」を観てきました。
トルコ北東部のトラブゾン地域の村チャンブルヌ。緑豊かな村にゴミ処理場が建設された。政府の役人と反対する村の人々、村の人々や市長などのインタビューを撮り混ぜたドキュメンタリー。
大好きな映画「ソウル・キッチン」の監督作品と知って観に行ったのだが、村人たちが役人にまくしたてたり、ゴミが山積みになっているシーンがいっぱいあって、見ていてちょっと辛いです。ゴミ処理場のせいで、海も汚くなってしまって、そこで海水浴をする人々。見ていて苦しい風景である。映像だから感じないけど、臭いもすごいらしい。監督が訴えたかったことはよくわかる。厳しい村の状況だけど、ずさんな政府の計画により、小さな村に迷惑がかかっているということ。映画の中でも言われているけど、もし自分の家の前に毎日ゴミが捨てられていたらどうだろう。都会は便利になって、美しく保たれていても、地方にシワ寄せがきているのだ。日本でもそういうことが言えるだろう。
緑豊かで、穏やかで素朴な生活がそこにあるのに、ゴミ処理場を押し付けられているのだ。福島だって原子力発電所がなければ、震災があっても、家に戻り元の生活を取り戻せた人が多数いるはずだ。自分に降りかからなければ良いわけがない。
映画はちょっと眠くなってしまったけど、トルコの村の生活ぶりが見られた。この村を救ってほしいな。

★★☆☆☆ 2

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック