許されざる者2013/08/31

許されざる者
「許されざる者」の試写会に行ってきました。
明治維新期の北海道。かつて“人斬り十兵衛”と恐れられた十兵衛(渡辺謙)は、亡き妻に二度と刀を抜かないと誓っていたが、子どもたちを養うために昔の仲間・金吾(柄本明)の誘いにのることに。立ちはだかるのは、町を牛耳る残忍な役人・大石(佐藤浩市)、刀を抜かないつもりでいた十兵衛は、大石と対立していく…。
クリント・イーストウッドが監督・主演し、アカデミー賞作品賞を受賞した作品のリメイク。話は舞台と武器が違うけど、流れは似ていました。ジーン・ハックマンの役が憎たらしかったから、納得できたオリジナルと比べると、何が正義なのか、そこまでされないといけないのか等、スッキリしなかったです。クリント・イーストウッドの映画で感動したのと同じ感動はなかったです。結構エグくて、痛そうなシーンが何度かありました。

★★★☆☆ 3

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック