別冊図書館戦争Ⅱ2012/12/31

別冊図書館戦争Ⅱ
「別冊図書館戦争Ⅱ」 有川 浩・著 角川文庫
図書館戦争シリーズ6巻目です。
本編で主人公だった人たちよりも、そのサイドストーリー的な話でした。
もちろん主人公・郁も出てきますが、新人の頃に比べると、成長していることがうかがえます。堂上教官の新人時代や、図書隊の緒形副隊長の秘めた恋。郁の同僚の恋愛の行方など。ほとんど全ての問題点や、読者の心残りを解決してしまうような最終巻でした。
2012年中にシリーズ全部読み終わりました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2012/12/31/6676347/tb

_ はらやんの映画徒然草 - 2013/01/05 23:00

これにて幕引き。 結果的に本編4冊、スピンオフ2冊と大シリーズになった「図書館戦