卵のふわふわ2012/07/16

卵のふわふわ
「卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし」
宇江佐 真理・著 講談社文庫
八丁堀、北町奉行所、臨時廻り同心の椙田家。そこの嫁・のぶが主人公。舅の忠右衛門は喰い道楽で子どものような男。姑のふでもずけずけとものを言うけど、気さくで優しい人である。夫婦も嫁ののぶのことを気に入っている。しかし、肝心の夫・正一郎とはすれ違いが続いている。夫には思いをよせていた別の女性がいて、そちらがダメになった後に、のぶと結婚したといういきさつがあった。いつも冷たくあたる夫に、のぶは離縁を考える…。
舅の忠右衛門は剣術はからっきしだが、数々の伝説を持つ不思議な男。食べることが大好きで、おいしかった食べ物のことを覚え帖に書き留めている。幇間(たいこもち)の今助と仲良し。
食べ物に絡ませて、事件や夫婦の危機、のぶの心の揺れを描いています。ほろりとするところもあって、読みやすい本でした。比較的登場人物が多いです。でもみんな独特なキャラクターでグイグイと読ませられました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック