僕達急行 A列車で行こう2012/04/02

僕達急行 A列車で行こう
「僕達急行 A列車で行こう」を観てきました。
大手企業社員の小町(松山ケンイチ)と下町鉄工所の跡取り息子・小玉(瑛太)は、環境は違うが、鉄道を愛するもの同士で、趣味を通じて友情を育んでいく。部屋を探していた小町がコダマ鉄工所の寮に住むことになるが、すぐに九州転勤が言い渡される。マイペース社員の小町は、九州の電車に乗れると、喜んで転勤する。九州には難しい取引先があるのだが、趣味がきっかけで、良い方向になったり、恋や仕事など、ゆるーい感覚で2人の日常が描かれています。よく見ると名前がみんな電車の名前だったりして、鉄道好きな人が見たら、よくわかるのだと思います。小町の会社は“のぞみ地所”、社長は北斗などなど。
昨年12月に急逝した森田芳光監督の遺作となります。
ちょっと先が読めてしまうし、そんな会社?そのつながり?ってつっこみたくなるところはいっぱいあるけど、のほほんとした感じが、最近では珍しい映画です。一番つっこみたくなるのは、笹野高史の息子が瑛太って。松坂慶子の社長ぶりも、ありえないし。まあ、深く考えずに、楽しむってことでしょうね。
森田芳光の長編映画監督デビュー作「の・ようなもの」に主演していた伊藤克信さんが、マンションの管理人役で出演しています。そこでニヤリとしてしまいますね。そういえば、この映画は、不思議な音感がちりばめられており「の・ようなもの」のリズムに通じるとこもある気がします。あと「間宮兄弟」の感じにも近いかな。森田監督も鉄道好きだったのかなぁ。もっと、たくさんの映画をこれからも見せてほしかったです。

★★★☆☆

コメント

_ レスリー ― 2012/04/05 00:14

こちらの、ブログ内容に相応しいコメントを。
食べる事にも、こだわりを伺わせます。主役2人が酒を酌み交わす時必ず、焼き鳥とゆで卵が肴。バランス悪いような。一気に、たんぱく質を取り込むタメでしょうか。
あと、小玉のデートで、女の子がお弁当を作ってきて、その中に電車のオマケを忍ばせて、ニクイ心遣いでした。小玉はそれでコロッて心をもってかれますが、女の子の「ウワテぶり」が現れてます。男は、単純なものなのです。

_ spice管理人 ― 2012/04/05 01:07

レスリーさん
そうですね。焼き鳥とゆで卵に缶ビールが定番になっていました。ちょっと変わった組み合わせと思いました。監督の好みなのかなぁ。
お弁当は、どんなのかなぁと期待が高まって、あけてみると、なるほど、工夫を凝らしてあるなぁと。見ている観客も、その女の子の点数が上がります。私、こんなこともできるのよって姿勢なんでしょうね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック