テンペスト4 冬虹2011/07/06

テンペスト4
「テンペスト 第四巻 冬虹」池上永一・著 角川文庫
いよいよ最終巻です。主人公は男として生きるか、女に戻るかの選択を迫られます。琉球には近代化の波が押し寄せてきて、時代が大きく変わっていきます。
クライマックスというよりは、この本は全編を通じて、クライマックスだらけなんです。私が知らなかっただけなのかもしれないけど、沖縄の歴史の一端に触れることができます。登場人物も個性的で、シリアスとコメディが入り混じっています。
親友の真美那のお嬢様ぶりが可笑しいです。お薦めの本です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック