ソウル・キッチン2011/01/25

「ソウル・キッチン」を観てきました。ドイツ映画です。
主人公ジノス(アダム・ボウスドウコス)はレストラン“ソウル・キッチン”の若きオーナー。ハンブルグの倉庫街にある大衆食堂といった雰囲気。家具もバラバラだけど、調和がとれていて、気軽に通える地元の人に愛されるような店。
そのジノスに不幸がいろいろとふりかかる。
まずは恋人のナディーンが仕事で上海へ行ってしまうこと。
そして、滞納している税金の督促、衛生局からの改善命令、腰を痛めて、店の営業もままならない、問題は山積み…。
登場人物がクセ者揃いで、ちょっとおバカな群像劇みたいなんだけど、面白かったです!
アル中気味の天才シェフ。この人良かったです。もっと見たい。料理もすごぉい。
レストランの片隅の部屋で、家賃もろくに払えないけど、生活しているおじいさん。
刑務所から仮出所してくる兄貴。しょうもないおに~ちゃんなんだけど、にくめないキャラ。他の人も、みんないい味出しています。
はじめにジノスが作る料理はひどいもので、ビックリ。ほとんどが冷凍食品で、すごい雑なんだけど、常連さんが結構いて、料理の上手なシェフがくると、逆に怒って帰ってしまう。え~って感じでした。でも、だんだん状況は改善されて、繁盛していくのだけど、次から次に事件は起きる、彼女の元、上海に行きたいと思っているジノス、店は狙われているし、どうなる?!
今まで知っているドイツ映画のイメージを覆して、若者たちの楽しい映画でした。
ドタバタ具合がたまりません。

★★★★☆

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2011/01/25/5649124/tb