キック・アス2010/12/07

キックアス
「キック・アス」の試写会へ行ってきました。
NYに住むデイヴ(アーロン・ジョンソン)は、コミックオタクでスーパーヒーロー
に憧れる高校生。ネット通販で買ったコスチュームを着て、自主的にヒーロー
として活動を始める。特殊能力も何もない彼は、あっさりやられて入院。退院
後もめげずに1人で活動していると、その捨て身の活躍がネットで流されて
“キック・アス”の名で有名になる。
やがて、ある現場で、高度な訓練を受けた美少女ヒーロー、ヒット・ガール
(クロエ・グレース・モレッツ)とその父ビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)と出会い、
犯罪組織との戦いに巻き込まれることとなる…。

いかにもアメコミって感じのカラフルな衣装で、笑いありアクション満載の楽し
い映画です。
あ~、でもちょっと過激すぎる暴力が苦手な人にはおすすめできません。
血がドバッ!手足はスパンなんてのはありますよ。R-15になっているのは、
そこらへんだなぁ。
ヒット・ガールが登場してからは、主役はそっちに持っていかれちゃいますが、
アーロン・ジョンソンは「ノーウェアボーイひとりぼっちのあいつ」の若きジョン・
レノン役とは、全然違う感じで、等身大高校生役を好演していました。かっこい
いんですけどね。
ヒット・ガールを演じるクロエ・グレース・モレッツが超カワイイんですよ。
それでいて、華麗なアクションに目を奪われます。
「ぼくのエリ、200歳の少女」のハリウッド・リメイク版「Let Me In」のヒロインで、
そっちも楽しみです。「(500)日のサマー」にも出てましたね。

★★★★☆

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

_ うろうろ日記 - 2010/12/27 21:32

連れられていってきました。正義の味方に憧れているオタクな少年が、実際になろうと頑

_ よしなしごと - 2011/01/07 23:10




 こんな名前ですからB級映画だと思いスルーしようとしていたんですが、平主任さんに、よしなさん向けだよ。と言われ、観に行くことに。ところが劇場に着くともう前3列しか残っていないと言われ、しぶしぶ翌日のチケットを購入。なんとか2010年内に鑑賞できました。しかもポイントで無料+ドリンク無料。というわけで、キック・アスです。
 ちなみに、Kick assって、「ケツを蹴るぞ!おらっ!」って意味かと思っていたら違うらしいです。

_ 映画のブログ - 2011/01/12 23:50

 Wikipediaに "Japan is the only country that nears the US in output of superheroes." と解説されているように、おそらく世界でもスーパーヒーローを輩出している大国は日米2ヶ国である。
 しかしなが...

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2011/01/23 08:01

 『キック・アス』をシネセゾン渋谷で見てきました。

 先だっては、恵比寿ガーデンシネマの閉館が報道されましたが、今度はこの映画館も2月27日で閉館の予定だとか。26年間も続いたようで(ガーデンシネマは17年)、最近では『森崎書店の日々』、『恋愛戯曲』、『悪夢...

_ Subterranean サブタレイニアン - 2011/03/06 15:12

監督 マシュー・ヴォーン 主演 アーロン・ジョンソン 2010年 イギリス/アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★ とどのつまり殺人者であるヒーローを、どんな世界に置くかってのも作り手の悩みどころなんでしょうねぇ。たとえば、幸楽の出前に出ていた眞がゲル…