かまいたち2010/02/19

かまいたち
「かまいたち」宮部みゆき・著を読みました。
初期作品4編を収めたものですが、この中の2編は連作風になっていて、
後に書いている「震える岩」の原型のような小説です。
お初には、他の人には見えないものが、見えるのです。霊感ですかね。
その恐ろしい光景に戸惑いながらも、事件の真相に迫る話です。
表題の「かまいたち」はまた別の話で、江戸を騒がす「辻斬り」を見てし
まった娘が主人公です。
初期作品といっても、どれも面白くて、読みやすいです。
ふだんあまり時代小説を読まないという人にも、おすすめしたい本です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック